北小金駅前整骨院ブログ

ばね指



手を使う頻度が高い中年女性によく現れ、 
親指が特に多く、中指・薬指に発症することもあります。

また妊娠から出産後の時期や、更年期の女性に多いです。
それはホルモンバランスが崩れる為に起こりやすいとも言われております。

症状としては弾発現象といって、指を伸ばすと戻らなくなったり、
逆に伸ばしてしまうと曲げられなくなったりします。
朝起きたときに指が曲がったまま伸びないということもあります。

このばね指は、指を曲げる筋肉の腱が
指の付け根のあたりで腱鞘というトンネル上の通り道を通る際に、
腱の周辺で炎症が起こり、腱鞘の内径が狭くなり、
腱が滑るように通る際に引っかかってしまうと
一度行なった動作を戻しにくくなるというもの。

指の使いすぎにより起こります。

治療としてはなるべく指を使わないようにする事、
もしくはテーピングなどで固定する。
また、ばね指にも鍼治療有効的です。

おかしいなと思ったらまずは当院にいらしてみてください。

 

北小金駅前整骨院のご案内

住所:〒270-0014 千葉県松戸市小金15 【電話】TEL:047-703-7740

TOPへ戻る