北小金駅前整骨院ブログ

鵞足炎



症状≫ 

膝を少し伸ばしたときに、膝の内側のお皿のやや下の部分が傷みます。
ゴリゴリした感じや、腫れを伴うこともあります。
膝の内側には、大腿部から縫工筋・薄筋・半腱様筋という
腱組織が ひとまとまりになって付着しています。
この部分が鵞鳥の足のような形をしているために、鵞足といいます。

原因

鵞足部分が膝の屈伸を繰り返す事によって、
スネの骨の内側とこすれて炎症を起こしてしまうものです。
長距離ランナーなど、長距離膝の屈伸を繰り返す
スポーツを行なう人に起こりやすいです。
X脚の人も、内側の靭帯と骨との摩擦が大きくなる為
発祥しやすい傾向となります。

治療

電気治療・鍼治療・マッサージ・インソールを変える、
などが効果的です。

 

当院では、どの治療法でも治療ができますので
ぜひ一度当院に足を運んでみてください。

 

北小金駅前整骨院のご案内

住所:〒270-0014 千葉県松戸市小金15 【電話】TEL:047-703-7740

TOPへ戻る