北小金駅前整骨院ブログ

交通事故での足のけが(怪我)|北小金駅


交通事故後に多い症状は、むちうち(ムチ打ち)・頭痛・吐き気・めまい・手の痺れ・腰の痛みなどが挙げられますが、実は足のケガが多いのです。
足のケガで多い症状と治療法について説明いたします。

1.内側々副靭帯損傷(MCL)とは?
症状:膝の外側から強い力が加わり起こります。
簡単に説明しますと、膝が外に向かないように支えている堅いゴムが伸ばされて傷ついている状態です。
しっかり固定しないと、膝がグラグラになってしまいます。

治療:内側々副靭帯損傷の治療は基本的にはギブス・サポーターなどで治療を行います。
当院では、炎症が引くまでは、包帯による圧迫固定をし、炎症が治まってきましたら、鍼治療
マッサージ療法・関節の矯正を行います。

2.半月板損傷とは?
半月板損傷とは、膝に無理な力がかかった時に、その力に耐え切れず半月板が断裂、潰れたり損傷することです。
症状:痛み・腫れる・水が溜まったりします。
病院では、手術で半月板をとったり縫合などを行いますが、手術後に運動機能が回復しない例もあります。

治療:当院では、マッサージにより、膝周辺の筋肉の緊張をとり半月板への圧力を軽くし関節の接合面を整えます。
これにより、手術をすることなく、損傷した半月板の回復を促進させます。

3.十字靱帯損傷(ACL)とは?
症状:膝関節の痛み・腫れ・運動障害・関節内血腫などが挙げられます。
時間が経過すると、膝がグラグラしたり膝に力が入らない、膝が腫れて熱を持ったりします。

治療:十字靱帯損傷は、断裂してしまうと断裂部を縫合して治すことは出来ませんので、病院では、靭帯再建術を
行いますが、大きな手術とリハビリに長期間かかってしまいます。
当院では、硬性装具とサポーターで固定・膝周辺の筋力強化により膝の動きを良くしていきます。

4.足関節捻挫とは?
症状:大抵は、足首の捻挫で、捻挫の程度により痛みや腫れが見られます。
足首の外側にある線維が伸ばされて、部分断裂し、外のくるぶしの下に痛みが出てくるのが特徴です。
靭帯が断裂してしまった場合は、足首を上手く動かせなくなってしまいます。

治療:運動は停止していただき、安静にしてください。
痛みがひいた後にマッサージ、電気治療による血流改善とストレッチを行います。

足関節捻挫の治療で最も大事なことは、いかに早く治療できるかどうかです。
足首を捻ったら、まずはご相談ください。

交通事故治療について詳しく見る>>

北小金駅前整骨院
千葉県松戸市小金15
TEL:047-703-7740

北小金駅前整骨院のご案内

住所:〒270-0014 千葉県松戸市小金15 【電話】TEL:047-703-7740

TOPへ戻る