北小金駅前整骨院ブログ

生理痛(月経痛)



生理のたびに下腹部の痛み腰痛などに悩まされる方が多いのでは?

人によっては、頭痛・吐き気・むくみ・肩こり
下痢・眠気などさまざまな不調があらわれます。

この生理痛を起こさせているのが「プロスタグランジン」というホルモンです。
このホルモンは、子宮を収縮させて、
月経血を子宮の中から体外へ押し出す働きをしています。
月経のときに下腹部が痛くなるのはこの収縮によるものです。

なのでこのホルモンの量が多いと、その分痛みも強く出やすいです。
また、血管を収縮させる作用もあるので血流の流れも悪くなり、
頭痛や、肩こりなどの不快感があらわれます。

月経痛を悪化させるものの要因としては、
冷え」「ストレス」「タバコ」があります。

特に体を冷やさないことが1番大事です。
冷えがあると体の血行が悪くなり、月経痛をひどくします。

また、ビタミンEは血行の流れをよくする作用があります。
かぼちゃやうなぎ、ナッツ類やアボガドなどに多く含まれます。
食事からも取り入れ、また月経中はあまり体を激しく動かさないように
ゆったり、リラックスしてすごすのが効果的です。

鍼治療も月経痛などに効くとも言われているので
気になる方は1度、北小金駅前整骨院にご相談ください。

 

北小金駅前整骨院のご案内

住所:〒270-0014 千葉県松戸市小金15 【電話】TEL:047-703-7740

TOPへ戻る