北小金駅前整骨院ブログ

手首の痛み


北小金駅前整骨院の手首の治療とは?

  • 物が握りづらい
  • 朝起きると、手がこわばる
  • 重たいものを持つと力が入らない
  • 決まった動作をすると手首が痛む

手首の痛みの種類と原因

腱鞘炎

腱とは、骨格筋が骨につくように仲介の役割をしている結合組織です。その腱を覆ってる腱鞘(パイプのような部分)が炎症を起こしまっている症状です。患部に痛みや腫れなどの症状が引き起こされるという症状です。

手根管症候群

主に手の指先などにしびれなどの症状が現われる症状です。
手首の手のひらの付け根には”手根骨”があります。手のひらを広げた時に、高い部分・低い部分がありますが、親指側の「舟状骨」と「大菱形骨」と呼ばれる部位と、小指側の「豆状骨」と「有鈎骨」と呼ばれる部位が高く、手のひらの真ん中は低いのですが、その部分に靱帯(”屈筋支帯”)が張っている仕組みになっています。
この”手根骨”と(屈筋支帯と呼ばれている)”靱帯”に囲まれた空間を手根管と呼びます。
この手根管が何らかの理由によって”圧迫”されたり”酷使”された状態にあると、この「手根管症候群」を発生しやすくなります。
(更年期や妊娠中の方に多く見られるため、ホルモンが関係しているのではないかとも言われています。)

スマホ腱鞘炎の増加

近年のスマートフォンの普及によって、携帯電話より大きいスマホのサイズと、スマホ利用時間の長さから、手首に負担がかかり、腱鞘炎を引き起こす方が増加傾向にあります。
親指を上にして握り拳をつくり、親指を拳に入れ、そのまま手首を上下に動かした際に痛みが出るようなら「スマホ腱鞘炎」の疑いがあります。

手首の痛みを放置していると・・・・・・

加齢と共に症状が進行していきます・・・・・・

その症状による痛みが強くなり、一番怖いのは利き手が使えなくなってしまう事です。
仕事やスポーツをする際にも支障をきたし、さらには日常生活で必要不可欠な、お料理やお掃除などの家事まで出来なくなっていってしまいます。

    
    

手首の痛みの治療法

手首の痛みの根本原因にアプローチします。

手首治療風景

まずは、症状から引き起こされている痛みをひかせる為に「電圧治療」をおこなっていきます。
その後、手首の関節の深部に原因がある場合、手首の角度を整える為に骨格に対するアプローチをおこない、手首周辺の筋肉を緩めて血行を良くしていく「手技療法」や「マッサージ療法」を主におこなっています。

治療にかかる期間

3ヶ月~半年くらいの治療期間

治療期間は、症状の種類・進行度合いに応じて個人差がありますが、3ヶ月~半年くらいの治療期間を見ていただいております。

北小金駅前整骨院のご案内

住所:〒270-0014 千葉県松戸市小金15 【電話】TEL:047-703-7740

TOPへ戻る